2007年08月19日

よく知られているコード進行

コード進行は 私にとって映画の中の背景やBGMのようなものす。

背景の移り変わりが コード進行なのです。


学園もののドラマで 動いて台詞があるのは 主役2人の場面。


授業中。教室には エキストラの同級生達がいるでしょう。
そのエキストラに台詞はない。動きももちろん必要ない。


話の流れには全く関係ないとしても、
彼らは生きて動いて存在しなければなりません。
人形を座らせておいたのでは不自然でしょう。


同じように メロディーのバックで、時には メロディー以上に雄弁にドラマの流れを語ってくれるのが
コード進行です。

一番わかりやすいみんなによく知られているコード進行が、
 ドミナントモーションといって、

気をつけ!!礼!!直れの じゃ〜ん・じゃ〜ん・じゃ〜ん!!
て、いうの・・・・

これ聞いたら、 多分「はあはあ・・・」ってわかる人も多いんじゃないかな?

このドミナントモーションというコード進行は 曲のいたるところに使われていて、

X7ーTで あらわされます。

気をつけ!!礼!!直れの じゃ〜ん・じゃ〜ん・じゃ〜ん!! は
TーX7ーTです。

このTとかX7は 和音記号とよばれるもので、
コードであらわすと、キーによって違いますが、

キーがCだと C-G7-Cです。

(キー=Cつまりハ長調・・普通の幼稚園小学校のじゃ〜ん・じゃ〜ん・じゃ〜ん!!はこれかな?)




C    
G7 - C

F    
C7 - F

B♭
F7 - B♭ 


E    
B7 - E

A
E7 - A

D
A7 - D

G
D7 - G

・・・・・・・・・・・等々があります。

たぶん、このコード進行は ちょっとした楽譜のいろんなところにのっているので、
探して みつけてみてくださいね。






posted by コード進行 at 12:13| コード進行