2007年08月19日

コード進行の基本 ドミナントモーション

前回コード進行の基本、
ドミナントモーションについて話しましたが、

今日は どうしてドミナントモーションが 
コード進行の基本になるかお話したいと思います。


前回気をつけ!!礼!!についても 話しましたが、
あの ジャーンジャーンを聞くと、自然に身体が礼をして、
また直れをする気持ちになりませんか?


そうなんです。

実は、ドミナントモーションには つよ〜い力があって、

どうしても X7からは、Tのコードに行きたいのです。

礼のままで、気をつけにもどらないと、
なんだか変なのと同じなんです。


それで、その強い力をもつ コード進行が中心になって 
曲を ひっぱっていってるわけなんですね。


童謡などの簡単な曲は 一つのドミナントモーション、
このコード進行だけで できている曲もたくさんあります。

そして、その強い力を利用して、このコード進行を連続させて、
つまり、ドミナントモーションの連続で 書かれている曲もあります。

コード進行の中で 
このドミナントモーションの連続はとても重要で、

コード理論の本なんかに 
サークルオブフィフスとして 載っています。
(★サークル・オブ・フィフス・・・・
5度圏と呼ばれる。完全5度上で音の関係を円で表したもの
ドミナントモーションの他にも調など色々な関係を示せる)


サークルオブフィフスは 次のようにつながっています。
サークルといわれてるだけあって、
普通は、円で 書かれているのですが・・・
下ので、理解できるかな?

G-C-F7-B♭-E♭-A♭-D♭-G♭(F♯)-B-E−A-D-G-・・・・

Gで始まって 5度ずつ、GFEDC/C〜F/F〜B♭/・・・・となって、
G♭とF♯は同じ音なので、ここからは、F♯〜B/・・・・となって

また、Gにもどって くるわけなのです。

このサークルオブフィフスを 知っておくと 便利なんで、
覚えておきましょう!!
posted by コード進行 at 14:25| コード進行