2007年08月19日

コード進行を作る一つ一つのコード

コード進行は様々なコードによってなりたっています。

今日はそのコードの基本構造について話したいと思います。


image003.jpg

コードは図のように普通3和音(図2段目)か4和音(図1段目)であらわされます。
(テンションと呼ばれる5つ目6つ目の音もありますが今回はふれません。)

ジャズなどでは、4和音を使うことが多いし、
ちょっとおしゃれだなと思うものは4和音を使っていたりします。

童謡などは、コード進行の中で3和音を使うことが多いですが、
それでも、Xの和音に関してはX7と4和音を使うことがほとんどです。


これは前回話したドミナントモーションにも大きく関わってくるのですが、

XよりもX7の方がよりTに戻りたい気持ちになる音なのです。


が、それについての説明はまた今度にさせてもらいます。



話を戻して 図にある楽譜をみるととわかるように 
コードは下から順に3度ずつ、1つ飛ばしの音でできています。



C7 - (1段目1つ目の和音)
(ド)レ(ミ)ファ(ソ)ラ(シ)・・・ドミソシ

Dm7-(1段目2つ目の和音)
 (レ)ミ(ファ)ソ(ラ)シ(ド)・・・レファラド

・・・etc

図のコードはハ長調(Cのキー)で書かれていますので、
TUVWXYZがCDEFGABDでかかれていますが、
もちろん キーが違えば 別のコードになってきます。
TUVなどの和音記号は 役割を表すもので、
コードは 固有の名前で 出てくるキーによって役割が違ってきます。

例えばハ長調では「気をつけ!!礼!!」の音はG7Cですが、
ト長調では D7Gです。

つまり、ハ長調で礼の役割だったG(G7)が
ト長調では気をつけの役割になるわけなのです。


そのため、何のキーでこれらのコードが使われているかは重要です。
そして、今はこの7種類のコードしか 出ていませんが、
ハ長調で、それ以外のコードを使うことももちろんあります。

ていうか、基本的に理論は 後からできたもので、
聴いてよければ 実際はなんでもありなんです。

ただ、ここで話しているコード進行のことみたいな理論を知っていると、少し便利です。

ちなみに1段目のコードの名前は

左から、CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7♭5です。

2段目は左から、
 C Dm Em F G Am Bm♭5となります。


今日は基本的なコードの音の積み重ね方について話しましたが、
(3度ずつ積み重ねる)
実は コードの種類によってその積み重ね方は微妙に違います。

次回はその 色々なコードの種類についてお話しますね。


posted by コード進行 at 14:32| コード進行