2007年08月19日

音程(コードの種類を知るために)

前回、コード進行の素材 
コードは3度ずつ積み重ねているとお話しました。

3度とか5度とか・・これは、音程と呼ばれるもので 
音と音の隔たりを表すものです。

実は3度と言っても色々な3度があるので 
今日はその色々な3度色々な5度・・・音程についてお話したいと思います。

image004.jpg


図の上段の左から、
ドド ドレ ドミ ドファ ドソ ドラ ドシ ドドと
ならんでいますが、

これが、1度 2度 3度 4度 5度 6度 7度 8度です。

詳しくいうと、完全1度 長2度 長3度 完全4度 完全5度 長6度 長7度 完全8度です。

この、完全 とか、長 短は 下のようなグループに別れています。



               ←完全→
               1・4・5・8

          減-------------------------増

            ←短←-------→長→

               2・3・6・7

1度 4度 5度 8度は、完全グループなので、
音程が半音一つ分幅が拡がると、右へ減〜完全〜増の順になり、
半音一つ分狭くなると左に 増〜完全〜減という、度数になります。

2度 3度 6度 7度については、拡がると減〜短〜長〜増
減ると増〜長〜短〜減となっていきます。

図の下段を見てください。
初めのドミこれは、長3度です。
これが、2番目のドミ♭となると半音1つ分狭くなって、短3度(長〜短)
3番目のドミ♯となると半音1つ分広くなって 増3度(長〜増)となります。

そのとなり、ドソは完全5度です。
それが、ドソ♭で減5度
ドソ♯で増3度となるわけなのです。

完全グループと長・短グループは 交わらず、
完全が増えて長とか、短が増えて完全ということは絶対にないのです。

ここまでで、音程のことはわかってもらえたでしょうか、
次回は、この 音程の知識をもとに コード進行のもととなる、
いろいろなコードについてお話したいと思います。


       
                    
posted by コード進行 at 15:08| コード進行